海外進出を知る|海外進出支援・営業代行ならONEグループ(東京)

海外進出支援・営業代行サービス|ONEグループ(東京)

海外進出を知る

海外進出を知る

中小企業にとって海外進出は高いハードル

海外進出した企業の約4割が失敗

多くの企業がグローバル化を進めている中で、残念ながらすべての企業の海外進出が上手くいっているわけではありません。海外進出を進めた企業のうち、なんと約4割もの企業が撤退・または撤退を検討したことがあると言います。

多くの企業が、現地・競合調査や営業戦略策定など充分な事前準備を行わずに海外進出し、現地ニーズとのミスマッチで苦戦しています。「日本で成功しているから大丈夫」と思っていると危険です。
趣味志向・環境・文化…なにもかもが異なる海外では、日本での営業経験や経営戦略は、ほとんど役に立たないとも言われています。
準備・調査不足で挑んだ海外進出では、「なかなか販路を確保できない」や「進行が難航し、結果的にリソース不足に陥る」といったケースをよく目にします。海外進出を成功させるためには、「事前準備(現地・競合調査)を怠らない」ことが不可欠です。

※参考:帝国データバンク「海外進出に関する企業の意識調査」2014年10月15日

海外進出を知るTOPへ

中小企業と大手企業の差

大手企業には、ブランド力や潤沢なリソースがあります。それらが現地バイヤーの信頼を得る大きな要因にもなり、販路拡大・取引開始の足がかりにも繋がります。
中小企業の場合、資金や人材などのリソース不足で海外と円滑なコミュニケーションがとれず、海外進出本格始動の第一歩である「現地バイヤーとの信頼関係構築」が難しく、販路拡大までなかなかたどり着かずに計画が頓挫してしまうケースが多くあります。

海外進出を知るTOPへ

事前準備だけでも膨大なコストと時間

海外進出することが決定してから、実際に海外への営業活動を開始するまでに必要な実務だけでもこんなにたくさんあります。実際に営業活動を始め、海外との商談などが進めば、かかる負担はさらに膨大になります。
また、現地調査や現地法人設立など、初期費用だけでも2,000万円~3,000万円程度かかることが一般的です。

海外進出する場合に必要な費用の目安

高額なコストが掛かる上に、海外展開のノウハウが必要になるため、
自社による進出は大きなリスクが伴います!

海外展開を断念した理由

1位国内の既存事業で手一杯

2位必要な人材確保ができなかった

3位現地の信用できるパートナーが見つからなかった

4位必要な情報・知識が得られなかった

5位必要な資金が得られなかった

※中小企業基盤整備機構平成22年度より

ONEの海外進出支援なら

月額25万円~で貴社の商品を営業代行!
中小企業の抱えるコスト・人材リソース不足を解消します。
現地バイヤーとの交渉は、弊社現地常駐スタッフFace to Faceで実施!
信頼関係の構築スピーディーな商談が可能。

中小企業様にとって海外進出は高いハードルであることは間違いありません。コスト面、リソース面で海外進出を躊躇していた中小企業様は、ONEの低コスト・低リスク海外進出支援コンサルティングにご相談ください。ONEの海外進出支援コンサルティングは月額25万円から。現地・競合調査をしっかり行い、調査の結果に基づく商品改良までしっかりサポートいたします。
ONEの特徴は、海外進出支援コンサルティング内容・費用をご確認ください。

海外進出を知るTOPへ

海外進出に関するご相談・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム 海外進出に関するご相談・お問い合わせはこちら

海外進出を知るTOPへ